日本転勤巡り

転勤族の妻をしています。現在は広島在住。転勤先の土地のことや、食べ物のことをメインに書きます。

八重桜のお花見をしてきました @五日市 広島造幣局「花のまわりみち」

造幣局で年1回、お花見の為に普段入れない構内が開放される「花のまわりみち」が開催されるということで、行ってまいりました!

 

 

造幣局って何をするところ?

造幣局は、本局の大阪・さいたま支局・広島支局と全国に3か所にあります。

現在流通している貨幣(500円/100円/50円/10円/5円/1円)を製造するだけでなく、オリンピックのメダルや勲章なども作っているそうです。

 

 

「花のまわりみち」って何?

造幣局の広島支局の桜を楽しむために構内を1週間ほど開放するイベントのことです。

元々は大阪の「桜の通り抜け」で有名な造幣局の本局から昭和42年から広島支局の構内に順次移植した桜を移植してきたそうです。平成3年に造幣局創業120年記念事業の一環として一般開放を行い、以来毎年春の風物詩として親しまれています。広島県内のお花見場所としても有名で、人気が高い場所になっています。

約60種、約220本の八重桜があるそうで、親しみを感じてもらうために毎年「今年の花」として1品種をピックアップしています。ちなみに今年2018年は「福禄寿(ふくろくじゅ)」という八重桜でした。

日没後から閉館まではライトアップも行われるようです。

 

 

花のまわりみち3日目の様子

2018年の今年は暖かかったこともあり、広島の桜の開花はとても早かったです。たまたま車のラジオで聞いていたら、広島支局の「花のまわりみち」が開催された初日13日(金)はギリギリ桜が楽しめて、花吹雪も楽しめます!とのこと。翌日の土曜日は、夕方から結構強い雨が降っていました。

 

ダメ元で行った日曜日…

満開の桜ではなく、葉桜が楽しめました

f:id:tenkintuma:20180416105654j:plain

灯籠が桜の下にあったので、ライトアップは下から照らし出すような感じなんでしょうね。綺麗だろうなぁ。

 

枯れてしまって葉っぱのみの桜もありましたが、緑とピンクのコラボレーションも、案外綺麗でした! 

f:id:tenkintuma:20180416110100j:plain

f:id:tenkintuma:20180416110113j:plain

f:id:tenkintuma:20180416110107j:plain

八重桜ばかりというのが新鮮でした。

一番多くあるのが「関山(かんざん)」という八重桜で、2018年現在は36本もあるそうです。2番目に多いのが13本の「普賢象(ふげんぞう)」なので、ダントツで多いです。どおりで関山と普賢象をよく見かけると思った!

 f:id:tenkintuma:20180416110221j:plain

桜の名前の表示を、今年から平仮名とローマ字を入れて読み方が分かるようにしたとのことでした。確かに名前って読み方が難しいですよね。

 

ここで読み方クイズ!これは何と読むでしょう?

①早晩山

正解は白文字で書いているので、↓を反転してくださいね!
いっかやま』でした!

花は大輪、花弁の先端に深い切り込み&花弁の中央に紅の縦線が入るのが特徴で、花は淡紅色を帯びた白色。

 

②太白

正解は白文字で書いているので、↓を反転してくださいね!
たいはく』でした!

日本で品種が無くなり、昭和5年にイギリスの桜収集家イングラム氏から接穂が寄贈され、接木育成された。一重白色大輪の名花。

 

鬱金

正解は白文字で書いているので、↓を反転してくださいね!
うこん』でした!

江戸時代に京都知恩院に植えられたと言われる。花は薄黄緑色のショウガ科のうこんの根の色に似ていることから、この名が付いた。

 

全部読めた方、もしや桜博士ですね??

あとは紅豊(べにゆたか)みたいな苺のような名前(!?)もありました。

  

造幣局の構内で公園とは違うので、レジャーシートを敷いてお花見、というよりも道を歩いて花を楽しむ、という感じでした。本格的な一眼レフで写真を撮りに来ている方も結構居ました。

 

今年の桜「福禄寿」発見!

花弁数は15~20枚あり、大輪の八重桜として代表的なものだそうです。福禄寿は構内に4本ありました。 

f:id:tenkintuma:20180416105201j:plain

構内のど真ん中にあった1本は位置的に目立つのか、花と一緒に写真を撮っている方も沢山いました。

 

構内では、貨幣セット販売所や投句所もありました

f:id:tenkintuma:20180416142553j:plain

結局買いませんでしたが、気になったので覗きました。花のまわりみち貨幣セットは平成30年の硬貨が1枚ずつと、純銀製の年銘板で1,900円でした。年銘板が高価でした…硬貨だけに…。50万円超えのメダルなども売られていました。そんな高いの誰が買うんだろう。

 

投句所と休憩所はテントになって、机と椅子があります。中には選ばれた作品も掛かっていました。ゆっくりと桜を眺めて、俳句を詠むのもいいですね。

f:id:tenkintuma:20180416143838j:plain

 

私達が見に行った日曜日、造幣局のホームページによると、12,827名がお花見に訪れたそうです。

 

 

造幣局の周りには…

 隣には盛春桜花(せいしゅんおうか)と名付けられたイベント会場が。f:id:tenkintuma:20180416144029j:plain

f:id:tenkintuma:20180416144039j:plain

奥の方がステージになっていて、行ったときはよさこいを踊っていました。本当にちょっとした屋台があるだけ、という感じの会場だったので、そこまで盛り上がりは無かったかも…。

造幣局の前の道が、「コイン通り」と言うのですが、そちらの方も欲にまみれた私たちは色々楽しめました。それはまた後日。

 

 

造幣局へのアクセス

JR山陽本線・広電「五日市駅」北口より有料の臨時バスが運行。

広電の「佐伯区役所前」または「楽々園」から歩けないことは無いのですが、それなりにガッツリ歩く距離です。散歩がてら片道のみ、ならばアリかもしれません。f:id:tenkintuma:20180414232739p:plain

 地図はGoogleから取ったものです。

住所:広島県広島市佐伯区五日市中央6-3-1

 

 

造幣局でお花見をする時の注意事項

造幣局構内に駐車場がありません。公共機関を利用するように呼びかけられています。

近くに区役所やゆめタウン五日市など、用事を済ませれば利用できそうな無料駐車場もありましたが、激混みでした。近くのコインパーキングも満車!造幣局前の道も渋滞していましたので、どうしても車が良い!という方以外は電車とバスの方が無難です。

また、会場内での飲食が禁止とのことでした。事前に調べなかったらお弁当を持っていくところでした…。先ほども書いたように、レジャーシートを広げるような感じでは無かったので、飲食禁止も納得!

 

  

造幣局のホームページはこちら

工場見学等も出来るようです。

お花見の情報はもちろん、造幣局についてのあれこれも知ることが出来ます。

興味のある方は以下よりどうぞ!

 造幣局

 

広島の造幣局「花のまわりみち」は、2018年は4月19日(木)まで行われます。

来年、開催時期に満開ならもう一度行ってみようかしら?

 

  

==============================

お越し下さりありがとうございました!

私のプロフィールはこちらです↓tenkintuma.hatenablog.com

 

読者登録はこちらです↓